ブログを作ったら管理しなきゃいけない部分が増えちゃうしなぁ…
と消極的だったのですが、ニコニコ動画中にコメ返ししたくなる内容がたくさんコメント投稿いただきました、ありがとうございます。

そのコメントに対して返信をするのに動画を作ったりしたら本編が進まないし、
初見の方には不必要な動画になってしまうと気がついたのでブログを作ることにしました

↓ どの記事にコメントするか迷ったらメモ帳へどうぞ ↓

びわのたねメモ帳☆12月号

2017年11月22日水曜日

居飛車対振り飛車知って得する序盤術

村山慈明先生の「居飛車対振り飛車 知って得する序盤術」

を復習に読んでいます。
角交換振り飛車の章は11月10日の記事にあります。

タイトル通り序盤の指し手の意味や方針が書かれていて、
得意戦法のない初級者にはとてもありがたい内容です。
(何をやっても序盤困るようでは、得意戦法を選べないですからね)


  • 相居飛車の可能性が残っているので4八銀が手広い

  • 美濃囲いは玉のコビンと端が弱点

  • 玉端の突き合いはお互いメリットありですが居飛車が少し得
(玉が広くなる、端角の可能性ができる、端攻めを始めやすい)

  • 振り飛車は長い序盤戦になると陣形が整うので自然とよくなる

  • 飛車先を守る角を消すために4筋をこじ開けにいく4五歩早仕掛け

  • 基本的には居飛車から角交換できるときはしてしまうのが無難
明日の対局中、いくつ思い出せるだろうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿